イタリア・フィレンツェより、″とっておき情報″ Vol.5

Vol.5

“クリスマスシーズンのフィレンツェ”

 

クリスマスシーズンです。

クリスマスまでもう1ヶ月もありません。だいぶ前からフィレンツェの街はすっかりクリスマスモードになっています。 各ショップのショーウィンドウには、ついこの間までハロウィン祭のおばけたちがディスプレイされていたところにクリスマスツリーが、かぼちゃがあった場所にはイタリアのクリスマスドルチェ、パネットーネやパンド―ロが所狭しと並び、色鮮やかなギフト商品がおしゃれに飾られています。土曜日の午後や日曜日にはどこから集まったの?と問いたくなるような人・人・人・・の群れ。

この時期からもうギフト選びが始まるんですよね。 なかには・・・リーズナブルなお値段のうちにと、すでに購入済みのしっかり&ちゃっかりさんたちもいるのですが、やっぱり!!この雰囲気にひたらないとなかなかその気になれないものです。 家族にはもちろん親戚や恋人、お世話になったあの方に~・・な~んてコマーシャルが、昔あったような気がするのですが・・・(お分かりの方は私と同年代ってことです。) 皆、ウィンドウショッピングに夢中です。 12月8日は祝日、聖母受胎の日、いわゆるマリア様が聖なる子を身ごもったと告げられる日ですね。

 

 

昔からの習わしでこの日にクリスマスツリーを飾ります。購入したり、事前にいただいた綺麗にラッピングされたプレゼント達はこのツリーの下に飾られ、25日クリスマスの朝にはじめて開封されることになるのです。


悩みの種でもあるプレゼント。

さて・・・今年はどうしようかな~なんて考えていると、オフィスの同僚の友人が素敵なキャンドルを見つけたと持ってきました。

今回はそれを皆様にご紹介しますね。

 

キャンドルはクリスマスにかかせないオブジェの一つ。 おなじみのクリスマスツリーです。

 


 

 

 

右は毛糸玉を模したキャンドル。

毛糸で編んだ暖かいマフラーやセーター。最高のクリスマスギフトです。

 

 

 

 

リブ編みの赤いセーターと同じくリブ編みの白い手袋。 キャンドルとはおもえないくらやわらかそうで暖かそう。。。。 こういうキャンドルなら男の子にあげてもよいかも。

 

 

 

 

雪ん子ちゃんならず、フード付きの白いオーバーを着た可愛い

お人形さん。キャンドルをつけるとオーバーが溶けていってお洋服姿になるそうです。

 

上記のキャンドルはフィレンツェの歴史的カフェで販売されているシーズン限定のオリジナル商品。 それぞれのパッケージにはチョコレートが付いています。 この時期にお越しになる方、こんなお土産もすてきなのでは。

 

お問い合わせはGON CAHN SHOPまで。 

 

 

―宮武倫子―

ヴェニス・イタリー・トラベル(Venice Italy Travel)

フィレンツェ事務所